1. HANZOU ホーム>
  2. マガジン>
  3. 町を歩いている忍者は観光の人?地元の人?

2017/05/04(木)

町を歩いている忍者は観光の人?地元の人?

町を歩いている忍者は観光の人?地元の人?

春になったら伊賀の町に大量発生するものって何でしょう?

そう…

いるいる…

忍者です!

伊賀では、4月1日から5月7日まで『伊賀上野NINJAフェスタ』を開催中。

毎年この時期になると、町のいたるところに忍者忍者忍者…まったく忍んでいない忍者たちで溢れかえっています。

ちょっとドキッとする忍者も潜んでいます。

手元よく見たらピースしてる!

 

生身じゃない忍者以外にも、この時期は駅で働く方や銀行の窓口の方など町の人も忍者装束。そして週末になると忍者が普通に町中を歩いているんです。電車に乗っているんです。うどん屋さんに並んでいるんです。

 

ここでふと疑問に思ったのですが、町を闊歩している忍者たちはみんな観光で来た人なのでしょうか?

地元の友達に、忍者になってみたことがあるか聞いてみたところ、「強制的に着せられたことはある」「他県から来た友達を案内する時に一緒に着た」という話がちらほら。

もしかたら全員観光客とは言い切れないのかな?みんなどういう気持ちでこの町で忍者の衣装に身を包まれているのかな?

 

よっしゃ!実際にNINJAフェスタに行ってみて、町の忍者たちに直接聞いてみよう!

いざ『忍者変身処へ』

実は正直言いますと、個人的にはあんまり忍者衣装に魅力を感じないんですよね~。コスプレとか好きですけど、忍者はちょっと…ねぇ~。だからこそ、着ている人に興味が湧くわけですけど!

でも今日は自分で経験することも大事だと思い、意を決してハイトピアの『忍者変身処』へ。

シュッ!!

うわ~!!とうとう着ちゃったよ~!!!

大人用のタイプは半袖&ハチマキタイプと、私の着ている頭巾タイプの2種類。カラーは黒、紺、エンジ、ピンクなど豊富に用意されています。着る時はスタッフの方が手伝ってくれたので難なく変身できましたが…。

え、これ、大丈夫?かっこいいですか?リュックとかこのままでいいんですか?

着る前はかなり躊躇してたのですが、いざ忍者装束に身を包まれてみるとなんだか…

なんでも出来そうな気がする!

それでは、いざ調査!

ササササササッ!!!!あ~楽しい~~~!!!

 

忍者たちに聞いてみた

ハイトピア前にいると、やはり忍者が沢山歩いています。予想はしていましたが、ほとんどがチビッコ忍者。子どもが着たい気持ちはわかるねん。私が知りたいのは大人の気持ち!大人の忍者に会いたい!

しばらく張っていると、忍者走りで颯爽と駆け抜ける黒い大人忍者発見!

 名古屋からいらっしゃった親戚御一行様でしたが、大人忍者はパパ一人だけ。そして明らかに一番ノリノリ。これは相当な忍者好きなのでは!?と聞いてみると「別にそうでもないです」とのこと。え~!!

見渡してみると、ファミリー忍者は沢山いらっしゃいましたね。子どもが着たがってるし、せっかくなら一緒に…という方が多いのでしょう。しかし、明らかにパパの着こなしや動きにウキウキ感が見受けられるところがちらほら。やはり少年心が呼びさまされるのでしょうか。

 

引き続きウロウロしていると、カラフルな忍者集団を発見!!

正真正銘大人だけの忍者グループだ!!

兵庫県からいらっしゃいました、バレーボールサークルのメンバーという4人組。「なぜ伊賀まで着て忍者の格好をしようと思ったのですか?」と聞いてみると、桃色忍者の方が「ずっと忍者の格好をしてみたくて、調べたら丁度やっていたので」と嬉しそうに答えてくれました。

小さい頃から日常的に忍者の格好の人たちを見てきましたが、その発想は無かったです。他の方々は元々忍者に興味があったというわけではないようですが、実際着てみてどうなんでしょう!?

「思ったより着こなせました」「大人の忍者が少なくてどうしようかと思った」

不安になりつつも予想以上に楽しいようです。よかった…!

 

インタビューしていると…

「プロの方ですか?」と、おもむろにチラシを持った謎のおじさん登場。

どうやらインド料理店「カラカッタ」の方で、忍者の格好…いや、忍者なら割引サービスが受けられるようです。インド料理屋さんで忍者がカレー食べてる様子想像したらだいぶ混沌としてるけど大丈夫かな。

 

さて、続いて…

出ました!忍犬登場!きゃわいい~!!

愛知県と岐阜県からいらっしゃったそうです。ワンちゃんたちに忍者服を着せたい!と去年も訪れたというリピーターさんたちです。せっかくなら自分たちも、ということで着てみたそうですが、感想は「顔が隠れていると忍んでいる感じがしていい」とのこと。私が感じた無敵感はそれだったのかな…。

 

やっぱりみんな県外の方。やっぱり地元の人はいないのかなぁ…と、切り上げかけた時…

 

 

美人忍者発見!!

ど、どこから来られたんですか!?

「三重です!!!!」

きたー!!男性が伊賀市、その隣の方が名張市、みなさん職場のメンバーだそうです。赤色忍者の方がずっとくの一になりたかったらしく、地元メンバーに案内してもらい一緒に着てみようとなったそうです。

赤の方は、インタビュー中もエアー手裏剣を繰り出しながらノリノリでした。

 

なるほど、どうやら大人忍者の動機としては誰かが忍者になりたくて、他の人は一緒に着てみたっていうパターンが多そうですね。

それにしても、さっき「着こなし」って聞いて、そんなんみんな一緒だろ~と思ってたけど、ここまで差が出るんですね。写真見て改めて思いました。

なんでみんなそんなにお洒落に着こなせるんですか!?

くそっ!くそっ!!

 

あ!今度はめちゃくちゃ玄人っぽい忍者発見!明らかにこれまで会った人たちとは違うオーラを放っています。

気になって声をかけてみると…

伊賀市議会の議長、空森栄幸さんでした。

「みんながちゃんと働いてるかパトロールしてるんや」

プロ忍者感あふれる忍者装束はオーダーメイドだそうです。そりゃオーラ放ってるわ!「忍者市宣言で色んなメディアに取り上げてもらったし、これから頑張らんとな」とおっしゃっていました。期待しています!

 

忍者修行に挑戦

さて、せっかくなので市街地を周りながら「忍者修行」にもチャレンジしましたよ!

『まちかど忍者道場修行の書』を購入して、6つの道場をまわって鍛練を積みます!各道場で得点を付けられ、最終的に忍者認定証がもらえるのですが、せっかくなら高得点を狙いたい!大人だし!!

弓矢道場と手裏剣道場でボロボロの成績を残し、パズル道場はサッパリ。吹き矢道場と行燈火消し道場で巻き返し、時間的にギリギリでしたがなんとか天井すいすい道場まで辿りつきました。

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

 

いやー、上野高校最後の器械体操部員の意地を見せたよね。

ギリギリの点数で上忍級のスタンプと、みえの国観光大使である夢眠ねむさんイラストのステッカーをゲット!は~!これが欲しかったんです!マジで!

 『まちかど忍者道場修行の書』を購入すると、飲食店やお土産屋さんで使える500円分の土符がもらえます。

あ~体を動かしたら甘くて冷たいものが食べたいな~。

というわけで、最後にむらい萬香園にお邪魔しました。あぁ~ここの抹茶アイスを食べなきゃ帰れないんだよなぁ。

高校生の時、いつも頼んでいた「忍者ぜんざい」600円、土符500円分で頼めちゃいます。

 

実際に地元の人で借りるのはどんな人?

村井さんでは忍者衣装の貸し出しもされてますが、実際にどんな方がいらっしゃるんでしょう?教えて!茶々ちゃん!

 観光客の方が7割、地元3割という印象だニャ。地元で借りてくれる人は、県外からのお友達と一緒に着るためだったり、ダンスイベントや文化祭で着るためにグループで借りてくれたり、子どもの小さい頃からの成長記録として毎年忍服を着た写真を撮る!なんて人も多いニャ~。

うちは平日しか貸し出ししていニャいから、他はもっと観光の人が多いかもニャ。あくまで村井茶々の印象だニャ~。

スタンダードなのもいいけど、貸し出しているお店によっては和柄や、着物に近いもの、かっこいい忍服もあったりして色んなところで借りてみるのもおすすめニャ。

ありがとう茶々ちゃん!

ちなみに、村井さんの店主ご夫婦は毎年揃ってオリジナルの忍者服を作られているそうで、今年は招き猫柄、しかも猫耳付き!

タイミングが合わず写真におさめられなかったので、是非お店を訪れてみてください

 

まとめ

調査する前は観光客しか着ないもんだと思っていたので、ちらほら地元の人もいたことにびっくり。

そして忍者に猛烈に憧れている人が一定数いるということもわかりました。道場の方曰く、海外の方もたくさん忍者に変身されているそうです。

 

実際に着てみて、今まで一度も忍者の格好に憧れたことがなかったのでとても新鮮でしたね!この無敵感すごいです。

動きやすい!顔が隠れている!もはや恥ずかしいものなどない!という気持ちになりますよ。忍者衣装の貸し出しはNINJAフェスタ期間中じゃなくてもやっているので、伊賀を訪れた方も地元の方も是非一度は着てみてください!

あと数日ですが、ゴールデンウィークまだ楽しみきってないなって人はNINJAフェスタで遊んでみてはどうでしょうか?

 

ちなみに、普段は髪型や服装のせいか実年齢よりも若いと言われがちな私ですが、この日「奥さん」「お母さん」とよく言われました。目元と体型しかわからない頭巾忍者状態はありのままをうつしだすようです。

ではサラバ!!

 

次の日はもちろん筋肉痛でしたよ!!

この記事を書いた人

fukumori

ふくもり みほ

上野城を眺めながら育ち、現在は東京暮らし。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。普段は恋愛マスターみほたんとしてWEB上に恋愛関連のあれこれを書き散らしています。【ブログ】http://intokyo.hatenadiary.jp/

最近登録したHANZOUスポット!

ゆっくり本読もや

55件登録中

古書からすうり

クラス

古書からすうり

三重県名張市中町363

HANZOUGRAM

名張・伊賀で撮ったインスタグラムの写真に
「#HANZOUマガジン」をつけてシェアしよう!